肌 ハリ

アンチエイジングに欠かせないコラーゲン

美容成分として有名なコラーゲンは、とくにアンチエイジングに必須のものとして、女性を中心に多くの人が食材、サプリメント、ドリンク、化粧品といったものから積極的に摂取しています。

まだ意識して摂っていない人の中には、なぜアンチエイジングに欠かせない成分なのか疑問に感じている人もいるでしょうが、ここで説明しますので参考情報としてお役立てください。

まず、コラーゲンの主な役割の一つとしては、皮膚のみずみずしさや肌のハリ・弾力の維持を挙げることができます。

十分に新鮮なコラーゲンが体内に存在していれば、潤いのある若々しい肌でいられます。

しかしながら、コラーゲンは年齢の高まりと共に減少し、なんと20歳をピークに減少の一途を辿ることが明らかになっているのです。

コラーゲンが失われていくと皮膚のみずみずしさ、ハリ、弾力が失われていくことになるため、若々しさがなくなっていってしまいます。

とくに中高年はピーク時の半分以下にまでコラーゲンが減少してしまいますが、不足すると新陳代謝が衰えてしまい、コラーゲンが新たに生成されなくなってしまうのです。

そしてそれが肌がたるんでしまう、シワが出てしまうといった年齢肌を引き起こす原因になります。

たるみやシワは老化現象ですが、主な原因としては前述したとおりコラーゲンの不足が挙げられます。

そのため、若々しくいたいという人はアンチエイジングの一環として良質なコラーゲンを補給し、古いコラーゲンと新鮮なコラーゲンを入れ替えてあげることが大切なのです。

コラーゲンはなぜ肌を綺麗にしてくれるの?

コラーゲンは人間の皮膚の表皮、真皮、皮下組織の中で、真皮に分布している成分です。そしてこの真皮の7割ほどがコラーゲンによって占められています。

コラーゲンは真皮の繊維芽細胞によって生成されているのですが、この細胞のはたらきは加齢により衰退化してしまいます。

新鮮なコラーゲンが多くを占めていた真皮層ですが、繊維芽細胞が衰退化すると古い組織の割合が高まり、肌の若々しさが失われてしまうのです。

また、繊維芽細胞が衰えることで、コラーゲン自体が生成される量も少なくなり、真皮のコラーゲンが減少し、真皮層が薄くなってしまいます。

こうなると、シワ、シミ、たるみといった老化のサインが表面化することになってしまうのです。

コラーゲンが肌を美しくしてくれるのは、十分に補給することによって上述したような問題が起こることの防止になるためです。

不足をカバーしてあげると体の中でコラーゲンがつくり出されるための活動が盛んになり、ハリや弾力の肌へと導かれます。

また、肌の表面にある表皮と、その下層にある真皮では栄養成分のやりとりがおこなわれていますが、コラーゲンが不足するとこのはたらきにも支障をきたすことになります。

栄養成分のやりとりが上手くいかなくなると、肌の生まれ変わりのサイクル(ターンオーバー)が崩れてしまい、くすみやシミのトラブルを招くことになりかねません。

コラーゲンを十分に摂取するとターンオーバーを正常に維持することに繋がるため、くすみやシミのない肌を作ることに役立つのです。


肌のハリをいつまでもキープしたい!コラーゲンでアンチエイジング メニュー